HOMERSSサイトマッププロフィールお問い合せ

2006年9月21日

「団塊の世代」といわれた時代に生きる

小学時代は校舎が足りずに青空教室、中学に入れば教頭先生から頑張れの叱咤激励、高校に入って成績番付に一喜一憂、無理に大学に行けば学校封鎖と・・・なにかとお騒がせの世代に生きてきた。

アルバイト先も含め主な会社は3つ経験した。
一つ目では社会の底辺で世の中を支えている物づくりの勉強を
二つ目は本格的な製造業を体験し
人生の大半を過ごすことになった、いまの会社では働くことの楽しさを満喫してきた。

文系の出身であったこともあり、入社後は購買部門など経験しながら滋賀を経て静岡へ
経済バブル崩壊とともに、どういう訳か現職(情報システム関連)に異動し、滋賀にもどる。

工場という物づくりの現場に過ごし
会社に恵まれ、人に恵まれた
幸運ともいえるサラリーマン人生のひと区切りが2008年1月にくる・・・

投稿者: 管理者 日時: 2006年9月21日 17:11 | パーマリンク |TOPページへ   ▲画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bit-consul.net/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/36

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)